• 「どちらをフロントにしても着こなせる
    “両A面”のワンピース。

    アシンメトリーな裾のデザイン、
    たっぷりのドレープが動きに合わせて
    ドラマティックに揺らめきます。
    日焼け肌にはヘルシーに、
    白い肌にはエレガントに映える
    花のようなピンクレッドもこだわりです」。
  • 「その日の気分やシーンに合わせて、
    違った表情を楽しめる“両A面”タイプ。

    首元はすっきり、ウエストは自然にシェイプ、
    スカートには流れるようなドレープを。
    ゆったりとしたシルエットながら、
    スタイルアップして見えるのがポイント。
    ウエストのドローストリングの絞り方で、
    さらにデザインアレンジができるんです」。
  • 「前と後ろ、
    どちらをフロントにしても着こなせる
    両A面のワンピース。

    体に着かず離れずのシルエットで、
    まるでテントのようなアウトラインは
    着やせ効果絶大です。
    オリジナルの手書き風のチェック柄は、
    遠目で見たときも美しく、
    街にリゾートにと映える1着です」。
  • 「どちらをフロントにしても着こなせる“両A面”のワンピース。

    アシンメトリーな裾のデザイン、たっぷりのドレープが動きに合わせてドラマティックに揺らめきます。日焼け肌にはヘルシーに、白い肌にはエレガントに映える花のようなピンクレッドもこだわりです」。
  • 「その日の気分やシーンに合わせて、
    違った表情を楽しめる“両A面”タイプ。

    首元はすっきり、ウエストは自然にシェイプ、スカートには流れるようなドレープを。ゆったりとしたシルエットながら、スタイルアップして見えるのがポイント。ウエストのドローストリングの絞り方で、さらにデザインアレンジができるんです」。
  • 「前と後ろ、どちらをフロントにしても着こなせる
    両A面のワンピース。

    体に着かず離れずのシルエットで、まるでテントのようなアウトラインは着やせ効果絶大です。オリジナルの手書き風のチェック柄は、遠目で見たときも美しく。街にリゾートにと映える1着です」。

PICK UP POINT

「アシンメトリーヘムのドラマティックなデザインながら、
カジュアルシーンにも似合う高密度のコットンを採用。

盛夏にもサラリと気持ちのいい着心地に。

切り替えによってメリハリを効かせたフレアシルエットは、
リラックした着こなしを上品に、
女性らしく見せてくれるんです」。

「スキッパーと深めのVネックとの、両A面のワンピース。

シルクのような光沢感を湛えたとろみのある素材は、
たっぷりとしたドレープをより優雅に引き立てます。

ドローストリングで表情をアレンジすることもでき、
気取らないドレスアップからカジュアルまで、
シーンを問わずに活躍してくれます」。


styling & model:NAOKO OKUSA
photo:YUMIKO MOGAMI
hair & make:chisa(SPEC) YOKO HIWADA
writer :HIROMI SAKURAI