NEWS
注目ワード:
  1. TOP
  2. 【martinique】BACK IN STOCK 'sensual'

皆様から大変多くのリクエストをいただきまして
この度、一年越しで再販が決定!


「大人のためのデニム」
“センシュアル”は、その名前通り、女性らしさを最優先したモデル。
太ももには適度にゆとりを持たせ、
裾に向かって細くなるセミテーパードのシルエット。
ひざ位置を少し高く見せるように加工も施しました。

普段だったら、つい9分丈にしてしまうところを、
今回は思い切って少し短い丈に!
というのも、
足首を見せることで女性の華奢さが際立ってくるからです。
この丈は、美脚効果だけではなく、
トップスやアウター、靴までも選ばないところも魅力的。

女性の悩みの多くがヒップ周りや太ももという
下半身に集中していますが、
センシュアルはそれを全部カバーしてくれます。
ネイビーブルーのパンツ感覚で着こなせるので、
カジュアルが苦手な方もトライしやすい一本。
“女性らしさ”“スタイルアップ”“きれいめ”
という大人が欲しい要素を詰め込んだ
「大人のためのデニム」です。


フーディジャケットに、
中はTシャツというとてもシンプルな組み合わせ。
けれど、このジャケットは立体感があって構築的に広がっているので、
例えばワイドパンツを合わせてしまうと重たい印象に。
センシュアルは裾に向かって細くなっているセミテーパードなので、
ジャケットの立体感を潰すことなく、
軽やかにコーディネートできます。




センシュアルは、裾に向かって自然と細くなっているので、
本当に履きやすいデニム。
くるぶしが見える丈に設定し、
華奢さや女性らしさを演出できるようにしているし、
どんなコーディネート、トップス、シューズでも
合わせやすいように作っています。
例えば、こんなAラインのブラウスを合わせても、
「見えるところが細い」ので、バランスが取りやすい!
合わせるボトムスに悩んだ時は、
センシュアルが救世主的存在になってくれるはず♡




少しとろみのあるブラック×ホワイトのドットという、エレガントなブラウス。
ドットブラウスは、裾をアウトにすると
カジュアルすぎる印象にもなってしまいがちなので、
インをしてすっきりと見せることで、大人の着こなしに。
しかし、太ももやお腹周り、ヒップが気になり、
トップスをインすることが苦手という方も多いと思います。
センシュアルは太ももやヒップ周りもタイトすぎず、
程よいゆとりがあるので、
これまでこんなコーディネートは敬遠してきた、
という方もぜひトライしてほしい!
ブラウスをデニムに入れた後、
肩をぐっと上げて、下げてみて。自然なブラウジングができます。












ポロニットの“きちんと感”を、
デニムでカジュアルダウン。
このままだとマニッシュになり過ぎてしまうので、
シャーリングが特徴的な甘いピンクのバッグを合わせて、
抜け感を楽しんだスタイリングに。
足元にはトングサンダルを合わせて、
例えば夏にテラスで女子会を、、
と着こなしの妄想が膨らみます♡



ネイビートーンでまとめつつ、
異なる素材や表情のアイテムを
ミックスした、立体感のある着こなし。
ネイビーのパンツ感覚で履けるセンシュアルだからこそ
楽しめるコーディネートです。
ボーダーは、コントラストが強い2色を選べば、
カジュアルスタイルが苦手な人も取り入れやすく、
顔立ちもはっきりと見せてくれます。
小物は白を選ぶと、
全身をトーンアップしてくれるのでおすすめ!



綺麗なクチュールブラウスを合わせると、
良い意味でブラウスはカジュアルダウン、
デニムはドレスアップし、絶妙なバランスに。
今は、全身をしっかりと“キメる”という気分でもないので、
小物もあえてラフなものを。
少し抜け感のあるドレスアップが、
新しい日常にフィットします。
早くこんなスタイリングで、
気の置けない友達とディナーに出かけたい!




合わせるボトムスによって、
そのイメージを大きく変えることができるツインニット。
センタープレスのパンツを合わせれば、
仕事などのきちんとしたシーンに、
ワイドなパンツを合わせればカジュアルに、
スカートと合わせればデートシーンに、
と幅広く活躍してくれます。
今回はデニムと合わせることで、
初夏に避暑地で過ごす、ヨーロッパの女性をイメージ!
サングラスをかけて、
シルバーのジュエリーを重ねづけして。
真面目なツインニットを、
少しお行儀悪く、格好よく着こなしている、、
そんなことを想像しながらコーディネートしました♡