NEWS
注目ワード:
  1. TOP
  2. 【martinique】MADISONBLUE 特集ページ

MADISONBLUE
ディレクター/デザイナー
”中山まりこ”さんによる、
martinique exclusive アイテムの
デザインや拘りポイントを
ご紹介いたします。

ウールの接結素材で
まるでカーディガンを羽織っているように
軽やかなガウンコート。
ネックラインから綺麗にVラインの
前開きになるよう設定しており、
台襟を作ることできちんと感もプラス。
オケージョンシーンにもお使いいただけます。
セットインで着る細身の袖のラインは、
全体をシャープに見せるシルエットに。
丈の長いアイテムともバランスが
取れるように着丈を長めにし、
ベルト付きでバランスもとりやすく、
ポケットはやや低め位置で
手を入れたときにかっこいい!
ところもポイントです。

構築的にダーツを入れることにより、
胸からウエストまでしっかりとフィット。
トップからフレアの分量をふんだんに使用し、
美しく広がるエレガントなブラックドレスです。
素材は表面感がある漆黒色の
ジョーゼットを使用することで、
素材の厚みや張りがドレスのフォルムを
綺麗にみせています。
ブラウスを合わせて少女らしいスタイルや、
ブーツで70’sな感じもかわいいですし、
Gジャンにスニーカー、
女性らしいアクセサリーを合わせて
カジュアルダウンなスタイルも素敵です♪
マディソンブルーの代表的なアイテム
HAMPTONシャツ。
マルティニークらしい
小さめのドット柄に落とし込みました。
メンズライクなワークシャツに、
レディライクな水玉がとても素敵な組み合わせです。
落ち感のあるレーヨン素材を使用する事で
HAMPTONの特徴でもあるオーバーサイズが
体に沿うことでよりレディライクにみせてくれます。
ブラックベースにアイボリーのピンドットは
ドット柄でもシックな装いになります。
カフス裏のB刺繍はレッドにしてポイントに!
HAMPTON同様の落ち感のあるレーヨン素材で、
綺麗なIラインのボウタイシャツワンピース。
ディテールは、細いボウタイにさりげなく入った
胸の切り替えがシャープで甘くなりすぎないです。
裾は前後差をつけ、ラウンドの脇から
綺麗に足がのぞく深めのスリットが、
シャツがアイコンでもあるマディソンブルーらしく
シャツカットにデザインしています。
フェミニンに1枚でワンピースとしてはもちろん、
デニムスタイルにフロントを開けて羽織としての
カジュアルな着こなしもおすすめです!
カフス裏のB刺繍はHAMPTONと同様に
レッドでポイントになっています。

SPECIAL MOVIE

中山まりこさんご本人から
"20thコラボアイテム"の魅力・こだわりポイントを
動画でご紹介

MADISONBLUE

“High Casual=質の良いものをカジュアルに”
をコンセプトにディレクター/デザイナーの
中山まりこ氏が手掛けるブランド。
そのクオリティーやワードローブ性、
現代性から多くの女性に指示されています。